吹き出物が酷くなり皮膚科に行って先生に言われた言葉

吹き出物がひどくなり皮膚科に行って先生に言われた言葉があります。私の吹き出物解消体験談として紹介しましょう。

吹き出物がひどい頃に皮膚科に行くと、「チョコレートを摂るな、油くさいものを食べるな」と言われました。当時まだまだ幼く、甘いものやフライドポテトが歓迎だったあたしには、ドクターのその字は悪徳商品でした。そんな根気をせずに治したいから敢えて医者まで来たのに、と内心でドクターに悪態をついていました。

けれども、根が真面目なので言われたことは正しくやります。ドクターの指示通り、チョコレート厳禁を自分に課し、献立もマミーと相談してなるべく和食のあっさりした惣菜にかえました。脂っこいものは遠ざけましたが、ドクターから言われていたので、肉や魚はきちんととりました。

すると、目に見えて肌の状態はよくなりました。はじめか月後に医者に行った時折、ドクターからお褒めの字もいただきました。厳しそうな教員だったので、ほめられたのがはなはだうれしかったのを覚えています。それ以来、肌の状態が悪くなると献立を見直すという営みがついたおかげで、肌の状態がびっくりするほどひどくなることはなくなりました。

それほど鼻の頭に吹き出物がぽつっとできます。外見の真中なので、嫌でも目立ちます。鏡を見る度に落ち込んでしまいます。また鼻の頭はメイクが一気に落ちます。また、ファンデーションで隠しても、一気に赤いのがぽつっと顔を出します。なので、あたしは鼻のニキビを包み隠すためにコンシーラーを使っています。

ファンデーションを塗り付ける前にコンシーラーを仕込んでおくと、メイクが心から落ち難くなります。最初の頃はスティックのコンシーラーを吹き出物にこすりつけていましたが、それだとニキビのモチベーションになって表皮に酷いという発言を聞いたので、いまではパウダーコンシーラーを指先にとって、とんとんと手厚くつけています。擦り付けると酷いので、置くという意識でやっています。

また、コンシーラーセレクトにも気を使っています。あたしにはファンデーションは普通のものを使っていますが、コンシーラーは吹き出物用のものを使っています。それは、コンシーラーは吹き出物にストレート塗るものだからだ。
ニキビができる原因タウン